学生がお金を借りる10つの方法は?親や友人にバレないでキャッシングできる

学生がお金を借りるとき、年齢制限や周囲へバレないか不安な人も多いのではないでしょうか。

消費者金融や学生ローンなどの貸金業者を利用すると、学生でも親やアルバイト先へバレずにキャッシングが可能です。

実際に金融庁の調査では、学生が貸金業者からお金を借りて、欲しい物を購入する資金や生活費に充てていることがわかります。

スクロールできます
学生の消費者金融利用目的回答割合
欲しいものを買うため35%
生活費不足を補うため25%
交際費不足を補うため15%
クレジットカード利用代金のため10%
ギャンブル等の元手にするため10%
他の貸金業者へ返済するため5%

参考元:貸金業利用者に関する調査・研究-金融庁

一般的な貸金業者では安定した収入が必要になりますが、借り入れ方法によっては審査なしのケースもあるため、アルバイトをしていない学生でも借り入れは可能です。

この記事でわかること
  • 消費者金融ならアルバイトをしていれば学生でもバレずにお金を借りられる
  • アイフルはプライバシーの配慮を徹底しているので周囲に借り入れがバレない
  • アルバイトをしていなくてもクレジットカードのキャッシング枠が使える
  • 18歳と19歳が借り入れする際は収入証明書の提出が必要

この記事では、学生がお金を借りる方法を10つ紹介していきます。

借り入れをする際の申し込み条件や必要書類についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

学生がお金を借りる方法6選!学校やバイト先へバレずにキャッシングが可能

学生がお金を借りる際は、18歳以上で成人していれば親の同意がなくても自分名義で契約できます。

例えば、携帯電話を契約する、一人暮らしの部屋を借りる、クレジットカードをつくる、高額な商品を購入したときにローンを組むといったとき、未成年の場合は親の同意が必要です。しかし、成年に達すると、親の同意がなくても、こうした契約が自分一人でできるようになります。

引用元:政府広報オンライン

ただし自分の名義で契約しても、借り入れ先からの郵送物を親に見つかったり、電話連絡による在籍確認でアルバイト先にバレたりする可能性があります。

そのため、誰にも内緒でお金を借りたい人は、電話連絡による在籍確認や郵送物なしのカードローンを選びましょう。

学生でもバレずにお金を借りられる方法を調査した結果は、以下のとおりです。

スクロールできます
ローン学生の借入年齢制限アルバイト収入の要否電話連絡なし郵送物なし同意書不要
消費者金融可能平均18〜69歳まで必要
学生ローン可能平均18〜29歳まで必要
キャッシュレス決済アプリ可能平均20〜69歳まで必要×
銀行カードローン可能平均20〜69歳まで必要×
奨学金可能平均18〜24歳まで不要×××

消費者金融なら電話連絡や郵送物なしでキャッシングできるうえに、親の同意書もなしで契約でき、借り入れ方法のなかで最もプライバシーの配慮が徹底されています。

消費者金融ごとにプライバシーポリシーを定めており、周囲に借り入れがバレたくない利用者の悩みに寄り添っているのが特徴になります。

さらに公式アプリを利用してスマホひとつで借入金を受け取れるため、周囲へバレずにお金を借りるなら、消費者金融を選ぶのが最適です。

消費者金融の公式アプリならスマホでこっそり即日融資が可能

消費者金融の公式アプリなら、スマホを操作するだけでこっそりお金を借りられます

公式アプリを使用してコンビニATMで借入金を受け取れるためローンカードが不要となっており、自宅へ届いた郵便物を親に見られてバレる心配がありません。

さらに即日融資にも対応しており、Web申し込み後にアプリで必要書類を提出すると、最短60分以内にお金を借りられるようになります。

銀行カードローンやキャッシュレス決済アプリなどは即日融資に対応していないため、今すぐお金を借りたい人は消費者金融の公式アプリを利用しましょう。

消費者金融が提供する公式アプリの融資時間や特徴を比較した結果は、以下のとおりです。

消費者金融 アプリ 融資時間 金利 限度額 親への連絡なし
アイフル AIアプリ 最短18分* 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
プロミス アプリローン 最短3分* 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
レイク レイクアプリ Webで最短25分融資も可能 4.5%〜18.0% 1万円〜500万円
SMBCモビット SMBCモビット公式スマホアプリ 最短60分 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム myac 最短20分*1 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

なかでもアイフルなら、電話連絡や郵送物がないため周囲へバレずに借り入れできます。

注釈

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフルはプライバシーを遵守しているから借り入れが周囲へバレない

アイフルはプライバシーを遵守しており、借り入れが周囲へバレないように配慮してもらえます。

家族からの問い合わせでも契約内容の詳細は明かされず、契約者の情報が本人以外に漏れないよう徹底されています。

アイフルではご契約のご本人様(もしくは正当な代理権を有する代理人)以外の方に承諾なく、契約内容をお話しすることはありません

引用元:利用していることは家族に内緒にできますか?

そのため万が一親に借り入れを疑われて問い合わせの電話をされても、契約内容を知られる心配はありません。

さらにアイフルは在籍確認の電話連絡だけではなく自宅へ届く郵送物もないため、アルバイト先や親に借り入れを疑われる可能性が低いのも嬉しいポイントです。

周囲へバレずにお金を借りたい学生は、電話連絡や郵送物がないうえ、プライバシーを遵守してもらえるアイフルを選ぶのがよいでしょう。

スクロールできます
融資時間最短18分*審査時間最短18分*
限度額1万円〜800万円金利3.0%〜18.0%
対象年齢20歳〜69歳無利息期間最大30日間
WEBで完結24時間振込対応
注釈

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

プロミスは在籍確認の電話連絡が原則なしだからアルバイト先にバレない

プロミスは在籍確認の電話連絡が原則なしとなっており、公式サイトにも明記されています。

原則、お勤めされていることの確認はお電話では行いません。

引用元:キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト

貸金業者は、貸金業法で申込者の返済能力を確認するように義務付けられているため、電話連絡による在籍確認を実施する消費者金融がほとんどです。

しかし、プロミスは給与明細書や源泉徴収票などを提出することで、電話連絡の代替えとして認めてもらえます。

そのため、申し込みから借り入れまでアルバイト先に連絡されることはありません。

さらにプロミスは最大金利が17.8%で18.0%の他社より低く、利息を抑えられるのも嬉しいポイントです。

少しでも利息を節約しつつ、アルバイト先へバレずにお金を借りたい人はプロミスを選びましょう。

スクロールできます
融資時間最短3分*審査時間最短3分*
限度額1万円〜500万円金利4.5%〜17.8%
対象年齢18歳以上74歳以下*無利息期間最大30日間
WEBで完結24時間振込対応
注釈

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。」
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

レイクはカードレスだから郵送物を親に見られない

レイクはWeb申し込み後に公式アプリのレイクアプリを利用すると、カードレスで契約できてローンカードを受け取る必要がありません。

そのため自宅に届くレイクからの郵送物を親に見られて、借り入れがバレるのを回避できます。

契約後はレイクアプリを利用してセブン銀行ATMで借り入れでき、ローンカードを持ち歩かずに済むのも利点のひとつです。

さらにレイクは最短15秒で審査が完了するため、他の消費者金融と比較して20分以上も早く結果がわかります。

郵送物を回避して、素早く融資を受けたい場合はレイクを選ぶとよいでしょう。

スクロールできます
融資時間Webで最短25分融資も可能審査時間Webで最短15秒
限度額1万円〜500万円金利4.5%〜18.0%
対象年齢20歳〜70歳無利息期間最大180日間
WEBで完結24時間振込対応

SMBCモビットはWebで申し込むと最短60分で即日融資が可能

SMBCモビットは、Webで申し込むと最短60分で即日融資が可能です。

申し込みから最短30分で審査が完了するため、その後の会員手続きや振込申請までの時間を含めても約60分で現金を受け取れます

銀行カードローンは審査結果がわかるまでに1週間かかるため、すぐに現金を受け取れるのが嬉しいポイントです。

さらに、SMBCモビットならローソンやミニストップなどのコンビニでローンカードを受け取れます

自宅への郵送物を回避できるうえに土日や祝日でも受け取りが可能なため、親へバレずにローンカードがほしい人にも最適です。

スクロールできます
融資時間最短60分審査時間最短30分
限度額1万円〜800万円金利3.0%〜18.0%
対象年齢20歳〜74歳*無利息期間なし
WEBで完結24時間振込対応
注釈

※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

アコムは近くのコンビニATMで24時間いつでも借入金を受け取れる

アコムはセブンイレブンやローソンのコンビニATMと提携しているため、24時間いつでも借り入れ金を受け取れます

24時間いつでも利用が可能なコンビニATMは、以下のとおりです。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-netATM

ATMの稼働時間に縛られないため、早朝や深夜に現金が必要になった場合もすぐに借り入れ金を受け取れます。

上記のコンビニATM以外に三菱UFJ銀行や、イオン銀行などの銀行ATMも利用できます。

他社と比べて提携している銀行の数が多いため、住んでいる場所に関係なく利用しやすい貸金業者です。

日頃利用しているメインバンクや、24時間利用できるコンビニのATMで借り入れや返済をしたい人は、アコムを選ぶとよいでしょう。

スクロールできます
融資時間最短20分*1審査時間最短20分*1
限度額1万円〜800万円金利3.0%〜18.0%
対象年齢成人以上無利息期間最大30日間*2
WEBで完結24時間振込対応
注釈

※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2アコムでのご契約がはじめてのお客さま

消費者金融以外に、学生ローンも親の同意なしでお金を借りられる選択肢のひとつです。

学生ローンは親の同意書が不要だから自分名義で契約できる

学生ローンは契約時に親の同意書が不要となっており、自分の名義で借り入れできます。

自分の名義で学生ローンを契約する際は、学生証や免許証などの必要書類を用意しやすいため、親に内緒でお金を借りられます。

学生ローンごとの必要書類や貸付条件などを調査した結果は、以下のとおりです。

学生ローン 金利 融資額 対象年齢 Web申込み バレない 必要書類
カレッヂ 15.0〜17.0%
  • 1,000円〜50万円
  • 20歳未満は10万円
18歳以上
  • 学生証
  • 免許証か保険証
  • キャッシュカード
  • 収入証明書(20歳未満)
イー・キャンパス 14.5〜16.5% 1万円〜80万円 20歳以上
  • 学生証
  • 免許証
  • 保険証
  • キャッシュカード
学協 16.4% 1万円〜100万円 18歳以上
  • 学生証
  • 免許証や保険証など
  • 収入証明書(20歳未満)
フレンド田 12.0〜17.0% 1万円〜40万円 18歳以上
  • 学生証
  • 免許証
  • 保険証など
マルイ 12.0〜17.0% 1万円〜50万円 18歳以上
  • 学生証
  • 免許証
  • 保険証

学生ローンはWebで申し込むと自宅に契約内容の確認書類が届きますが、店舗で契約する場合はその場で申し込みから借り入れまで完結するため郵送物がありません。

契約内容の確認書類を親に見つかって借り入れがバレるのを避けたい人は、店舗へ来店して契約しましょう。

店舗へ行くのが難しい人は、キャッシュレス決済アプリならスマホを操作するだけで借り入れが可能です。

キャッシュレス決済アプリなら借りたお金をそのままチャージできる

PayPayやLINE Payなどのキャッシュレス決済アプリを利用すると、申し込みから借り入れまでスマホで完結するうえ、借りたお金をそのまま残高にチャージできます。

普段の買い物でキャッシュレス決済を利用していて、借りたお金をチャージする手間を省きたい人に最適です。

学生ローンのように、店舗へ来店しているところを親や友人に見られるリスクも避けられます。

ただし勤務先への電話連絡は回避できないため、アルバイト先の人にバレたくないのなら、自分で在籍確認に応じたほうがよいでしょう。

キャッシュレス決済アプリの特徴を調査した結果は、以下のとおりです。

スクロールできます
キャッシュレス決済アプリローン商品年齢制限借入専用アプリのDL電話連絡なし郵送物なし
PayPayPayPay銀行カードローン20歳〜69歳不要×
LINE PayLINEポケットマネー20歳〜65歳不要×
d払いdスマホローン20歳〜68歳必要×
au PAYau PAYスマートローン20歳〜70歳必要×
FamiPayFamiPayローン20歳〜70歳不要×

LINEポケットマネーやPayPay銀行カードローンなら借り入れ専用のアプリではなく、LINEやPayPayを利用してお金を借りられます

そのため、スマホにインストールしているアプリを見られて借り入れがバレることはありません。

借り入れ専用のアプリを使用するのに抵抗がある人は、キャッシュレス決済アプリを検討してみてはいかがでしょうか。

PayPayでお金を借りるなら借り入れ専用アプリのインストールが不要なうえに、30日間の利息が無料なためお得に利用できます。

PayPayのミニアプリでお金を借りると30日間の利息が無料になる

PayPayはアプリ内でお金を借りられるうえ、初回の借り入れ日から30日間の利息が無料になります。

無利息期間は契約完了後から始まる金融機関がほとんどですが、PayPayでは実際に借り入れするまで日数がカウントされないのが嬉しいポイントです。

そのため契約後すぐに借り入れしない場合でも、30日間の無利息期間を無駄なく利用できます。

ほかにもPayPayなら返済日で任意の日付を選択できるため、アルバイトの給料日後に設定することもできます。

利息を節約したい人や、お金を計画的に使うのが苦手な人はPayPayで借り入れを検討してみてはいかがでしょうか。

スクロールできます
融資時間最短翌日審査時間最短翌日
限度額1,000万円金利1.59〜18.0%
対象年齢20〜69歳無利息期間30日
WEBで完結24時間振込対応

LINEポケットマネーはLINEのウォレット画面で借り入れが可能

LINEポケットマネーはLINEのウォレット画面で申し込みから借り入れまで完結し、アプリのみで簡単に手続きできます。

ウォレット画面のLINEポケットマネーメインページから金額を入力するだけで、自動的に借入金がLINE Pay残高へチャージされます。

全ての手続きがLINE上で完結するため、キャッシング専用のアプリをインストールする必要もありません。

さらにLINEポケットマネーでは、LINEスコアと指定信用情報機関の情報を元にしてAIが貸付条件を決定します。

LINEスコアとはライフスタイルに関する質問への回答と、LINE PayやLINE上の家計簿などを利用した記録を元に算出されたスコアのことです。

独自の方法で融資の可否を決定するため、他社で審査に落ちてしまった場合でもLINEポケットマネーならお金を借りられる可能性があります。

スクロールできます
融資時間最短即日審査時間最短10分
限度額1円〜300万円金利3.0〜18.0%
対象年齢20歳〜65歳無利息期間なし
WEBで完結24時間振込対応

銀行カードローンはアルバイトによる年収が30万円以上の大学生向け

銀行カードローンは限度額が最少10万円のため、アルバイトによる年収が30万円以上ある大学生向けの借り入れ方法です。

個人が貸金業者からお金を借りられる金額は、総量規制によって年収の3分の1までに定められています。

銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象外となりますが、過剰な貸付が横行して多重債務者が増加したことについて金融庁から指摘を受け、平成30年から自主規制をしています。

銀行カードローンについては、ここ数年の間に見られた融資残高の増加から、過剰な貸付けが行われているのではないかといった批判・指摘等がなされてきており、各行では、自主的な業務運営の見直しを検討・実施してきています。

引用元:銀行カードローンのフォローアップ調査結果について-金融庁

そのため限度額が最少10万円の銀行カードローンを申し込む場合、審査に通過できる年収は30万円が目安です。

アルバイトによる毎月の給料が25,000円以上であれば年収30万円に到達でき、それほど難しい条件ではないことから、銀行カードローンを利用するのもひとつの手段でしょう。

銀行カードローンの融資時間や特徴を調査した結果は、以下のとおりです。

スクロールできます
カードローン年齢制限金利限度額即日融資電話連絡なし郵送物なし
楽天銀行楽天銀行スーパーローン20〜62歳1.9〜14.5%10〜800万円××
三菱UFJ銀行バンクイック20〜65歳1.8〜14.6%10〜500万円××
三井住友銀行三井住友銀行カードローン20〜69歳1.5〜14.5%10〜800万円××
みずほ銀行みずほ銀行カードローン20〜65歳2.0〜14.0%10〜800万円××
イオン銀行イオン銀行カードローン20〜65歳3.8〜13.8%10〜800万円×××
横浜銀行横浜銀行カードローン20〜69歳1.5〜14.6%10〜1,000万円×××
りそな銀行りそなプレミアムカードローン20〜65歳1.99〜13.5%10〜800万円×××
静岡銀行SELECA20〜69歳4.0〜14.5%10〜500万円×××
西日本シティ銀行NCB キャッシュエース20〜69歳13.0〜14.95%10〜300万円×××
福岡銀行FFGカードローン20〜69歳1.9〜14.5%10〜1,000万円×××

銀行カードローンは即日融資に対応していないため、急ぎの場合は消費者金融のカードローンを利用するのが最適です。

急ぎではなく銀行カードローンを利用したい場合は、収入が少ない人への融資に前向きな楽天銀行スーパーローンを選ぶと審査に通過できる可能性が高くなります。

楽天銀行スーパーローンは収入が少ない人への融資に前向き

楽天銀行スーパーローンは収入が少ない人への融資に前向きで、20歳から62歳までの定期的な収入がある人なら申し込みが可能です。

20歳以上であれば、学生の申し込みも可能な旨が公式サイトで明言されています。

満20歳以上でパート・アルバイトとしてお勤めされているかたであれば、学生のかたでもお申込可能です。

引用元:楽天カードローンが選ばれる6つの理由-楽天銀行

楽天銀行スーパーローンは学生だけではなく、本人に収入がない専業主婦でも申し込めます。

アルバイトの学生や専業主婦も審査の対象にしていることから、収入が少ない人への融資に前向きな旨がわかります。

銀行カードローンを検討している場合は、学生への融資に前向きな楽天銀行スーパーローンの利用が最適です。

スクロールできます
限度額10万円〜800万円金利1.9〜14.5%
対象年齢20〜62歳無利息期間なし
WEBで完結×24時間振込対応

ただし、カードローンは審査に通ったとしても総量規制によって借り入れ金額が制限されるため、高額な学費を借りたい場合は奨学金を利用しましょう。

学費を借りるなら無利子で利息が発生しない第一種奨学金を狙うのが最適

入学金や授業料といった学費として高額なお金を借りる場合は、利息が発生しない日本学生支援機構第一種奨学金を狙うのが最適です。

第一種奨学金は、有利子の第二種奨学金と違って民間の金融機関から借りたお金ではなく政府貸付金と返還者からの返還金を財源としていることから、無利子の貸与を実現しています。

財源の一部である返還金を確保するために学力と世帯収入において申し込み条件が設けられており、就職率の高い成績優秀者に絞って貸与が実施されます。

正科生であって、経済的理由により修学に困難で優れた学生等であると認められる人

引用元:進学後(在学採用)の第一種奨学金の申込資格-JASSO

実際に第一種奨学金の延滞債権数割合は5.4%で、7.5%の第二種奨学金よりも低くなっています。

新入生と在学生それぞれの第一種奨学金の成績における申し込み条件は、以下のとおりです。

スクロールできます
新入生高等学校または専修学校高等課程最終2か年の成績の平均が3.5以上であること
在学生成績が本人の属する学部の上位3分の1以内であること

参考元:進学後(在学採用)の第一種奨学金の学力基準 – JASSO

上記の条件を満たしている人は、第一種奨学金を狙ってみてはいかがでしょうか。

現在は採用枠が撤廃されており、採用人数が限られていた平成28年度までと比較して貸与を受けやすくなっています。

採用枠の撤廃によって以前よりも貸与を受けやすくなった

第一種奨学金は以前まで定められていた採用枠が撤廃されて、現在は貸与を受けやすくなっています。

平成28年度までは国家予算の都合上で奨学生の採用枠が限られており、経済と学力の両面で条件を満たしていても奨学金の貸与を受けられない場合がありました。

しかし、条件を満たしているにも関わらず、国家予算の都合で貸与を受けられない状況は学生にとって平等ではないため、改善策として平成29年に採用枠が撤廃されています。

平成29年度から、無利子奨学金について、貸与基準を満たす希望者全員が貸与を受けられるよう拡充する

引用元:奨学金事業の充実-文部科学省

奨学金は卒業後15〜20年ほどかけて返済するため、利息の有無は返済金額に大きく影響します。

実際に管理人は学生時代に第一種奨学金を利用しており、無利子で借りられたことで返済の負担が減って助かっています。

学費を借りる場合は、利子なしで借りられる第一種奨学金の採用を目指しましょう。

他にも、学費としてお金を借りたいのなら、日本政策金融公庫の教育一般貸付を利用するのもひとつの手段です。

日本政策金融公庫の教育一般貸付は独立していれば本人でも申し込める

日本政策金融公庫の教育一般貸付は、学生でも親元から独立して生計を営んでいれば、自分の名義で申し込めます

教育一般貸付とは日本政策金融公庫が設けている国の教育ローンのことで、通学費や教材費といった教育費としてお金を借りられます。

成人していて安定した収入を得ていれば学生でも親の同意なしで申し込めるため、家族に内緒で借り入れが可能です。

上述した奨学金は募集期間が決まっていますが、教育一般貸付ならいつでも申し込みでき、教育費として急にお金が必要になった時でも利用できます。

申し込みが完了して最短1ヶ月程度で融資を受けられることから、奨学金と比べて待ち時間が短いのも嬉しいポイントです。

自分で生計を立てており、教育費としてお金を借りたいのなら、教育一般貸付を利用するのも検討しましょう。

一方、親元で生活している学生は、アルバイトの収入でも申し込めるカードローンを利用するのが最適です。

学生が内緒でお金を借りるには?在籍確認なしの借入先を選ぶのが最適

学生がアルバイト先に内緒でお金を借りたい場合は、在籍確認なしの借り入れ先を選ぶのが最善の方法になります。

在籍確認とは、申込者が働いているか確認する目的で勤務先へ電話連絡をする審査項目のことです。

同僚や上司に電話応対して怪しまれるケースがあるため、アルバイト先に内緒で借り入れしたいなら在籍確認の電話連絡がないカードローンを選びましょう。

電話連絡による在籍確認なしのカードローンを調査した結果は、以下のとおりです。

スクロールできます
カードローン在籍確認の電話連絡アルバイト先にバレない
アイフル原則なし
プロミス原則なし
レイク原則なし
SMBCモビットWEB完結申込なら原則なし
アコム原則なし*1
バンクイック実施する場合がある
三井住友銀行カードローン実施する×
みずほ銀行カードローン実施する×
楽天銀行スーパーローン実施する×
イオン銀行カードローン実施する×

アイフルやプロミスといった消費者金融はカードローンによる利息収入によって事業が成り立っているため、在籍確認の電話連絡を原則なしにして集客しています。

一方で銀行カードローンは金利が低くて利息収入が少ないことから集客よりも貸付金の回収を優先しており、返済能力を見極める目的で電話連絡による在籍確認を徹底しています。

電話連絡による在籍確認なしにしてほしい旨を伝えると、信用度が下がって審査で不利になるケースもあるため、学生がバレずにお金を借りたいのなら消費者金融を選ぶのが最適です。

さらに消費者金融なら郵送物も回避できるため、親に内緒で借りたい人にも向いています。

注釈

※1電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施

自宅に届く郵送物を回避すると借り入れしたことが親にもバレない

借り入れ先から自宅に届く郵送物を回避すると、親に内緒で借り入れができます。

一般的なカードローンでは契約後に自宅へ郵送物が届くため、契約書類や利用明細を親に見られた際にお金を借りていることがバレてしまいます。

借り入れを親や家族へ内緒にしたいときは、自宅に貸金業者からの郵送物が届かない方法を選ぶのが最適です。

消費者金融ではローンカードや契約書などの郵送物をなくすために、申し込みから借り入れまで全てWeb上で完結する仕組みが作られています。

カードレスで契約できるため、財布に入れたローンカードを家族に見られるリスクもありません。

Web完結で親へバレずに契約できる消費者金融と、郵送物をなしにする方法を調査した結果は、以下のとおりです。

消費者金融 Web完結 親にバレない 郵送物をなしにする方法
アイフル
  • Web完結利用
  • カードの受取方法でカードレスを選択
  • 口座振替の登録
プロミス
  • Web完結利用
  • 契約方法でアプリでかんたん本人確認または金融機関でかんたん本人確認を選択
レイク
  • Web完結利用
  • 申込時にスマート本人確認または口座登録で本人確認を選択
SMBCモビット
  • Web完結利用
アコム
  • Web完結利用
  • 契約時にカード不要を選択
  • 契約時に電磁交付を選択(契約書類や利用明細をオンラインで確認できるサーピス)

郵送物なしの契約でも返済が滞ると督促状が届いてしまうため、毎月遅れないように気を付けましょう。

カードローンで借り入れする場合は、アルバイトのシフトを増やして収入を安定させる必要があります。

学生がお金を借りるときの審査に通る方法!シフトを増やすのが一番の近道

消費者金融や学生ローンが提供するカードローンなどの金融商品で審査に通過する可能性を高めたいのなら、シフトを増やすのが一番の近道です。

審査では返済能力が確認されており、学生であっても安定した収入の有無を重視されます。

例えば先月はアルバイトで10万円稼いでいても、今月が無収入だと不安定なため審査に通りづらくなります。

そのため同じ10万円でも、2ヶ月連続で5万円ずつ稼いだ方が審査で有利です。

授業やサークル活動の合間を縫ってシフトを増やすことで、毎月の収入が安定する工夫をしましょう。

安定した収入があると、その後の返済に困りづらくなる利点もあります。

ただし審査では指定信用情報機関の記録も確認されるため、収入が安定していても携帯電話やクレジットカードの支払いが滞っていると不利になります。

携帯電話やクレジットカードの支払いが滞っている人は解消しておこう

携帯電話やクレジットカードの料金を滞納している場合は、お金を借りる前に解消しておくのが最適です。

審査では指定信用情報機関の記録を確認されており、滞納している場合は借り入れ先にバレてしまいます。

滞納した状態のままでは、返済能力がないと判断されるため審査で不利になります。

支払い状況を把握できていない人は、信用情報機関に記録されている情報を開示申請して確認することが可能です。

個人信用情報を、消費者が確認することは可能です。

引用元:クレジットカードの審査が通らなかった。理由が知りたい。-国民生活センター

支払いが滞っている場合は、申し込み前に解消して審査に通る可能性を高めましょう。

他社借り入れに含まれない奨学金はローン残債として申請しないのが最適

日本学生支援機構から貸与を受けている奨学金は総量規制の対象外となり、他社借り入れに含まれないため、ローン残債として申請しないのが最適です。

総量規制の対象となるのは貸金業者からの借り入れに限られており、日本学生支援機構は文部科学省の管理する独立行政法人のため対象外となります。

申請が不要な奨学金の借り入れを申込先に伝えることで、審査で返済能力を評価される際に不利になる可能性があります。

問題なく審査に通過できるよう、申し込む際は貸金業者を利用したローン残債のみを申請しましょう。

無職の学生は総量規制によって貸金業者を利用できないため、審査のない借り入れ方法が最適です。

アルバイトをしていない無職の学生でもお金を借りられる!4つの選択肢

アルバイトをしていない無職の学生でも、総量規制によって制限されていない借り入れ方法ならお金を借りられます。

総量規制によって制限されていない借り入れ方法には審査がないため、収入がなくて一般的なローンを契約できない学生でもお金を借りることが可能です。

審査なしの借り入れ方法は以下の4つで、アルバイトをしていない無職の学生でも利用できます。

スクロールできます
借り入れ方法審査の有無バレない即日融資年齢制限
就職内定者向けローン将来的な収入で審査×平均18〜30歳
質屋の質入れなし18歳以上
クレジットカードのキャッシングなし18歳以上
親にお金を借りるなし×なし

就職内定者向けローンの審査は、企業の内定を受けていることを確認する目的で実施されるため、無職の学生でも利用できます。

ろうきんの就職内定者向けローンは企業の内定を受けている人が貸付対象

ろうきんが取り扱っている就職内定者向けローンは、企業の内定を受けている学生を貸付対象としたローンです。

ただし全てのろうきんが就職内定者向けローンを取り扱っているわけではないため、あらかじめ利用できる都道府県を確認する必要があります。

就職内定者向けローンが利用できるろうきんと利用条件は、以下のとおりです。

スクロールできます
ろうきん対象の都道府県条件
長野県ろうきん長野県長野県に居住し、同県で働く
新潟県ろうきん新潟県新潟県に居住し、同県で働く
東海ろうきん岐阜県、愛知県、三重県岐阜県、愛知県、三重県に居住し、同県で働く
静岡県ろうきん静岡県静岡県に居住もしくは同県で働く

就職内定者向けローンを実施している全てのろうきんが、管轄地域にある企業への就職と居住を条件としています。

申し込む際は条件を満たしていることを証明するために、以下の書類が必要になります。

  • 内定通知書
  • 労働条件通知書
  • 本人確認書類
  • 資金使途に関しての見積書

内定通知書や労働条件通知書は企業から内定をもらう際に受け取る書類であり、簡単に用意が可能です。

すでに内定を受けていて卒業前にお金を借りたい学生は、ろうきんの就職内定者向けローンを検討してみてはいかがでしょうか。

質屋の質入れはブランドバッグや貴金属を預けるだけで借り入れできる

質屋の質入れはブランドバックや貴金属を担保として預けると、審査なしで融資を受けられます

審査がないことにより収入の有無を問われないため、質屋に預けられる物品を持っていればアルバイトをしていない学生でも借り入れが可能です。

質入れで預かってもらえるのは高価で価値のある物品となっており、買い取り査定金額の7〜8割が借り入れ限度額となります。

質屋に預けられる物品を以下にまとめましたので、参考にしてください。

  • ブランドバック
  • 貴金属
  • 腕時計
  • パソコン
  • スマートフォン
  • ゲーム機など

上記のような物品を質入れしてもすぐに売却されるわけではなく、借りたお金とかかった利息を完済すると手元に戻ります。

ただし質屋はお金を借りた場合の利息が高いため、他の借り入れ方法が利用できない場合の手段として選んだほうが良いでしょう。

年利109.5%で利息が増えすぎるのですぐに完済するのが最適

質屋でお金を借りた場合の年利は109.5%となっており、利息が増えやすいため、すぐに完済するのが最適です。

質屋営業法により1日あたりの利率は0.3%と定められており、年利は109.5%となります。

(1日あたり)0.3%×365日=(1年あたり)109.5%

金利が年18.0%で設定されている消費者金融のカードローンに対して質入れは年109.5%となっており、約6倍にものぼります。

質屋の金利が高い理由は、預けている高価な物品を管理するための費用がかかるからです。

預かっている間に物品の品質を落とさないように質蔵の温度や湿度を調整しており、盗難を予防する設備も整えています。

高額な管理費用がかかる質屋の利益を確保するために、質屋営業法によって金利が高く設定されているということです。

質屋の質入れを利用する際は利息の高さを念頭に置き、速やかな返済を心がけましょう。

質入れが可能な物品がない人は、クレジットカードを持っていればすぐに借り入れできる可能性があります。

クレジットカードをすでに持っている人はキャッシング枠を利用できる

キャッシング機能付きのクレジットカードを持っている場合は、近くの提携銀行やコンビニATMで借り入れが可能です。

クレジットカードは申し込んだ時点でキャッシング機能が付帯しているケースが多く、今から審査を受けなくても借り入れできる状態になっている可能性があります。

ただしクレジットカードのキャッシング枠はショッピング機能の枠内で決定されるため、買い物で使い過ぎている場合は借り入れできる金額も少なくなります。

例えば利用限度額50万円のうち20万円がショッピングとキャッシング併用枠で、既に買い物で40万円を利用している場合の借り入れ可能額は、10万円です。

クレジットカードを使ってお金を借りる場合は、事前にキャッシング機能の有無と借り入れが可能な残高を確認しましょう。

どこからも借りられないなら親からお金を借りるのもひとつの手段

前述で紹介した借り入れ方法が全て利用できない場合は、親にお願いしてお金を借りるのもひとつの手段です。

親からお金を借りる場合は、担保や書類の用意が不要なうえ審査もありません。

お金が足りない状況を叱られないか心配な人もいるかもしれませんが、利息が増えやすい貸金業者からお金を借りるよりも自分たちを頼って欲しいと考える親がほとんどです。

ただし本当にお金が足りなくて困っている旨が伝わらなかった場合、借り入れを断られる可能性もあることから、相談内容をあらかじめ考えておくことが重要になります。

親からお金を借りたいときに利用できる上手な相談方法は、以下のとおりです。

  • 返済を約束する
  • お金が必要な理由を明確に説明する
  • 返済の見込み時期を伝える

お金が必要な理由や返せる見込みの時期を明確に伝えて、誠意を持って相談しましょう。

あとから返済に困らないように、収入に見合った金額を借りることも大切です。

学生がお金を借りる注意点!収入に見合った金額を借りるのが最適

学生がお金を借りる際の注意点で最も重要なのは、自分の収入に見合った金額を借りることです。

収入に見合っていない金額を借りてしまうと、毎月の返済が滞って多重債務に陥る可能性があります。

そのため借り入れ金額は、月々の返済金額が自由裁量所得を上回らないように検討することが大切です。

自由裁量所得とは、収入から食費や光熱費といった固定費を差し引いた金額のことを指します。

返済月額が1ヶ月あたりで自由に使えるお金の範囲内に納まれば、支払いが苦しくなって滞納するリスクを最小限に抑えられます。

消費者金融で借り入れした際の返済金額を以下にまとめましたので、参考にしてください。

借り入れ金額月々の返済金額
30,000円2,000〜4,000円
50,000円3,000〜4,000円
100,000円3,000〜5,000円
150,000円6,000〜8,000円
200,000円8,000〜9,000円
300,000円11,000〜13,000円

上記の表を参考に自分の自由裁量所得と比較しながら、収入に見合った金額を借りましょう。

ただし、学生のなかでも18歳と19歳は多重債務に陥らないように対策されているため、借り入れ自体が困難となっています。

民法改正による成人年齢の引き下げ後も20歳未満の借り入れは困難

民法改正によって成人年齢が18歳に引き下げられましたが、残念ながら20歳未満の借り入れは困難です。

社会経験が少ない18歳や19歳は自分の返済能力を見極める力が未熟なため、必要以上にお金を借りてしまう可能性があります。

必要以上の借り入れを防ぐ対応策として、金融庁は18歳と19歳へ貸し付ける際は慎重な審査を実施するように貸金業者へ要請しています。

若年者に対する消費者向け貸付けを行う場合には、経営陣の主導のもと、万全の態勢を構築し、適切に取り組んでいただくよう要請した

引用元:成年年齢引下げを踏まえた対応について(要請)-金融庁

金融庁から貸金業者へ提示された要請内容は、以下のとおりです。

  • 若年者のみを対象とした広告や宣伝をしない
  • 若年者に対して積極的なカードローン推進をしない
  • 過剰な借り入れとならないよう相談受付を設けて審査を徹底する

上記の要請を受けて現在も20歳未満を貸付対象外としている貸金業者が多いため、18歳と19歳は利用しづらい状況となっています。

ただし18歳や19歳でも、収入証明書を提出するとお金を借りられる可能性があります。

18歳や19歳は収入証明書を提出すれば借り入れできるケースがある

貸金業者の利用が難しい18歳や19歳でも、返済能力が確認できる収入証明書を提出すると借り入れできる場合があります。

前述のとおり18歳や19歳は利用できない貸金業者がほとんどですが、厳正な審査を実施する前提で貸付対象としている会社もあります。

判断能力の未熟な18歳や19歳に代わって、貸金業者が過剰な借り入れではないかを確認するため、返済能力を証明できる収入証明書の提出が必須です。

貸金業者に提出できる収入証明書を以下にまとめましたので、参考にしてください。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書

給与明細書は毎月の給料日に勤め先から交付されるため、アルバイトをしていれば問題なく入手できます。

18歳や19歳の学生は、素早く審査へ進めるように収入証明書の準備をしてから申し込みましょう。

未成年は民法5条によって契約が制限されるので親の同意が必要

未成年は民法5条によって自分の名義で契約することを制限されており、法律行為をする場合は親の同意が必要です。

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。

引用元:民法- e-Gov法令検索

上記の法律により未成年は独断で契約することができないため、親の同意なしで組めるローンはありません。

未成年は社会経験もなく独断でローンを契約するには判断能力が未熟なことから、親の同意が必須となっています。

実際に未成年がSNSで募集しているような融資の情報を信じてしまい、違法業者である旨に気づかないまま違法な契約をさせられるケースがあります。

犯罪に巻き込まれないよう、未成年がお金を借りたい場合は親に同意を得てからローンを契約しましょう。

契約の取消しを恐れて貸付対象外とする金融機関がほとんど

前述のとおり親の同意を得れば未成年でも合法的にお金を借りられますが、契約の取り消しを恐れて貸付対象外としている金融機関がほとんどです。

未成年が親の同意なしでローンを契約した場合は、あとから取り消せる旨が民法第5条で定められています。

未成年者(民法第4条)が、法定代理人(親権者又は後見人)の同意を得ないで行った契約の申し込みは、原則として取り消しができます(民法第5条第1項、第2項)

引用元:国民生活センター

契約後の取り消しは貸金業者にとって損害となるため、同意の有無に関係なく、未成年を貸付対象外としてリスクを回避しています。

つまり高校生以下の学生は、親の同意を得ていても金融機関からお金を借りるのが難しいということです。

未成年のうちに金銭面で困った場合は、親や親戚などにお金を工面してもらいましょう。

最後に学生がお金を借りる際のポイントについてまとめましたので、参考にしてください。

  • 消費者金融の公式アプリを利用すれば周囲へバレずにお金を借りられる
  • カードローンの審査に通過する確率を上げるにはシフトを増やすのが最適
  • 18歳と19歳がお金を借りる際は収入証明書が必須
アイフルの貸付条件

商号:アイフル株式会社
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
担保・連帯保証人:不要