RECRUIT
採用情報

HOME > 採用情報

金融業界は他業界に比較して遅れています。

少子高齢化と言われる中、例えば保険業界のマーケット規模は横ばいを維持し、約40兆円とも言われており、日本はアメリカに次ぐ保険大国です。
その中で、代理店業界は約10%(約4兆円)のマーケットと言われています。
これは出版業界・化粧品業界・たばこ業界とほぼ同じ規模のビッグマーケットです。
代理店業界の会社数は約20万社あると言われていますが、他業界のトヨタ・日産や資生堂などのマーケットシェア10%以上を占める、勝ち組と言われる会社が実は存在しません。
業界の最大手である来店型ショップで、約300億円代の売上と聞いています。これは業界の売上から見ても1%のシェアもありません。従業員数も約3,000名です。

また、ここ10年で成長している代理店でも社員数は1,000人前後です。
現在、保険代理店業界は正に戦国時代。まだまだ未成熟な業界なのです。

保険業界・保険代理店業界は他業界に比べて10年から20年遅れています。

まだまだ1社専属のメーカーと言われる保険会社が強く、お客様が選ぶというよりメーカー主導で商品の販売が行われています。

最大手のショップ型・来店型代理店の出現により、消費者であるお客様が「比べる・比較する」フェイズ・段階にようやく来ているのではないでしょうか?
例えば、冷蔵庫を購入しようと思った時、ひと昔前は、町の「ナショナルパナソニック」の販売店で購入していたと思いますが、現在は「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」などの量販店で比較し購入する、さらにはネット通販の台頭で「Amazon」や「楽天」で購入することが当たり前になっています。

まだまだ保険業界は遅れています。

私たちフィンテックは、保険・証券・不動産の垣根をなくし「FP」としてお客様のお役に立つこと、お金回りの相談は個人・法人問わず「FPは一家に一台」のようにしていくこと、他業界に追いつくことが成功への近道と考えています。

戦う武器である「商材」、戦うフィールドである「マーケットの開発」、そして適正な「報酬体系」を揃え、お客様の満足度・幸福度を上げることが、我々の幸福度を上げることになり、それらを、ITをベースに事を成す会社が勝つ時代になると予測し、WEB集客・アプリ開発・顧客管理などをITで繋げていく先駆者として実現していきます。

JOIN US

保険業界・証券業界・不動産業界など、いろいろな業界で働かれている方、共に成長しませんか?
ご連絡お待ちしております。

お問い合わせはこちら