今すぐお金を借りたい!即日で借りることが可能なカードローンを紹介

今すぐお金を借りたいなら、即日融資に対応しているカードローンへ申し込むのが最適です。

カードローンは今日中にお金を借りたい利用者の希望を叶える目的で、即日融資に対応しており、申し込んだ当日中に現金を手に入れられます

カードローンのなかでも今すぐお金を借りるなら、最短30分以内に借入金を受け取れる消費者金融がおすすめです。

消費者金融なら最短3分〜30分で融資を受けられるうえ、カードレスやWeb完結に対応しており、誰でも手軽に利用できる仕様のカードローンを提供しています。

消費者金融 融資時間 カードレス Web完結 郵送物なし 在籍確認なし
アイフル 最短18分
レイク 最短25分
プロミス 最短3分
SMBCモビット 最短60分
アコム 最短20分*1 原則なし *2

アイフルは最短18分で借入金を受け取れるだけではなく、原則として郵送物や電話連絡による在籍確認なしのどちらにも対応しているため、誰にもカードローンの利用バレません。

ただし、闇雲に申し込むと周囲にバレたり融資までの時間が長引いたりして今すぐお金を借りられない可能性があります。

カードローンにはそれぞれ特徴がありますので、あなたの悩みに合わせて最適な商品を選びましょう。

この記事でわかること
  • 今すぐお金を借りたいなら、即日融資を受けられる消費者金融を利用する
  • アイフルなら申し込みから最短18分以内で借り入れできる
  • その日のうちに現金が欲しいなら午前中に申し込む
  • 現在の借り入れが総量規制に達していると融資は受けられない

この記事では、今すぐお金を借りたい人へ向けて最適な方法を紹介しています。

他にも、今日中に現金を手に入れる方法や審査に通過するための重要な項目についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

注釈

※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施。

目次

今日中にお金を借りたいなら審査時間が短いカードローンを利用しよう

今日中にお金を借りたい人は、審査時間が短いカードローンを選びましょう

審査時間が長いカードローンは書類提出や契約を結ぶまでに時間がかかって、その日のうちに融資を受けられなくなるからです。

審査が短時間で終わればその後の手続きにが速やかに完了するため、早くお金を借りられます。

今すぐお金を借りたい人は、即日審査と即日融資の違いを知っておくことも重要です。

スクロールできます
即日融資申し込み当日に融資が受けられる。その日のうちに現金が手に入る。
即日審査申し込み当日に審査が完了する。その日に現金が手に入るとは限らない。

即日審査は申し込んだ日に審査が終わるという意味で、必ずしも当日にお金が借りられるとは限りません。

そのため今日中に現金が欲しい人は、即日融資が可能な消費者金融に申し込みましょう

最短当日に融資としている商品はその日にお金を借りられない可能性がありますので、最短25分融資など具体的な時間を提示しているカードローンを選ぶことが成功の秘訣です。

申し込みは午前中に済ませておくと成功率が高くなる

カードローンへの申し込みを午前中に済ませると、即日融資の成功率が高くなります

申し込んだ時間が早いほど、優先的に審査してもらえるからです。

特に口座振込での融資を希望する場合は平日の14時までに契約が完了していることが条件となりますので、朝一番の申し込みが必要になります。

どうしても14時までに申し込めない人は、Webで申し込んでから自動契約機に行ってローンカードを受け取るようにしましょう。

あらかじめWeb申し込みをしておくと審査時間が短縮され、即日で借り入れできます。

さらに、オリジナルアプリを提供している消費者金融ならローンカードを受け取らなくてもすぐに融資を受けられます。

ただし審査受付時間は、それぞれの消費者金融で異なるため注意が必要です。

カードレスに対応している借入先ならスマホで融資を受けられる

カードレスに対応している借入先を選ぶと、スマホを操作するだけで融資を受けられるため、今すぐお金を借りられます。

従来のカードローンは、ローンカードが自宅に届くまで1週間程度の待ち時間が発生していましたが、カードレスなら審査が完了してすぐにスマホで借り入れが可能です。

そもそもローンカードが発行されないことから、家族に郵送物を見られてカードローンの利用がバレる心配もありません。

とにかく急いでいるのなら、融資までの待ち時間が短縮されているだけではなく、カードレスに対応しているカードローンを選びましょう。

カードレスに対応しているカードローンは、以下のとおりです。

カードローン 審査時間 融資時間
アイフル 最短18分 最短18分
レイク Webで最短15秒 Webで最短25分融資も可能
プロミス 最短3分審査(回答) 最短3分
SMBCモビット 最短30分 最短60分
アコム 最短20分*1 最短20分*1
三井住友銀行カードローン 最短翌日 最短1週間程度
セブン銀行カードローン 最短翌日 最短翌日
PayPay銀行カードローン 最短翌日 最短翌日

上記のカードローンはカードレスに対応しており、審査が完了してすぐに融資を受けられます。

申し込みから借り入れまでの手続きがWebで完結できるため、面倒な手間が発生しないのも嬉しいポイントです。

ただし銀行カードローンはカードレスに対応しているものの、金融庁から過剰貸付を指摘されて以降、即日融資ができないので今すぐお金を借りたい人には不向きな印象があります。

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。

引用元: 銀行、個人向け即日融資停止へカードローン縮小-日本経済新聞

今すぐお金を借りたい人は消費者金融を利用すると、カードレスや即日融資といったどちらの希望も叶えられます。

注釈

※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

今すぐお金を借りたい時は即日融資が可能な消費者金融カードローンが最適

今すぐお金を借りたい人が即日融資できるカードローンは、大手消費者金融のカードローンです。

大手消費者金融はスコアリングシステムを導入して効率化を図っており、審査時間を大幅に短縮しているため、今すぐお金を借りられます。

スコアリングシステムとは?

過去に融資をした顧客のデータと申込者のデータを照らし合わせ、貸し倒れ率(借りたお金を返済できなくなる確率)を算出するシステムのこと。
算出された数字を元に、最終的には審査担当者が融資の可否を判断する。

大手消費者金融はスコアリングシステムを導入することで、以前は2日から1週間程度かかっていた審査時間を一気に30分まで短縮できました。

スコアリングシステムは資金力のある大手にしかできない審査方法であり、人力で審査をおこなっている中小とは大きな違いがあります。

中小消費者金融と違って全国に店舗を展開しているため、どの地域に住んでいても利用しやすいという利点もあります。

とはいえ、どの消費者金融を選んだらいいかよくわからないという人もいますよね。

その場合はカードローンの特徴で選ぶと、自分の悩みに合った借り入れ先を選択できます。

スクロールできます
特徴
レイク無利息期間が最大180日間あって無駄な利息を抑えられる*
アイフル審査スピードが早く融資までスムーズに進む
プロミス他社よりも低金利でお得に借り入れできる
SMBCモビット*WEB完結を利用すれば周囲にバレにくい
アコム3秒診断を使って申し込み前に借り入れできるかわかる

それぞれの特徴について詳しく解説していきますので、自分に合った商品を見つけましょう。

注釈

※初めてなら初回契約翌日から無利息
※契約額1万円~200万円まで
※無利息期間経過後は通常金利適用
※30日間無利息、60日間無利息と併用不可
※契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

無利息期間が最大180日間でお得なレイク

レイクは、5万円までの借り入れなら最大180日間の無利息期間サービスが利用できます。

半年も利息が0円のまま借りられるため、無駄な出費を抑えてお得に借りたい人にぴったりです。

5万円以上の借り入れでも最大60日間の無利息サービスが適用されますので、他社よりも利息を抑えられます。

他社の無利息期間は最大30日間となるため、レイクで借りるほうが断然お得です。

少しでも出費を抑えて借り入れしたい人は、無利息期間の長いレイクに申し込みましょう。

注釈

※21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査、必要書類の確認含む)で、当日振込が可能です。
※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

アイフルなら最短18分で審査が完了する

アイフルはWebから申し込めば最短18分で審査が完了し、最短18分で融資が受けられるので今すぐ借りたい人には最適です。*

Webから申し込み後にオペレーターに電話すると優先的に審査をおこなってくれるサービスを展開しているため、借り入れまでの時間をさらに短縮できます。

全国のコンビニATMから24時間いつでも借り入れでき、使い勝手も抜群です。

すぐに借り入れをしたい場合は、審査スピードの早いアイフルに申し込みましょう。

注釈

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

プロミスなら他社よりも低金利で借りられる

プロミスは上限金利が17.8%と他社に比べて0.2%低く、初めて借りる人でもお得に借り入れできます

初回契約時は上限金利が適用されるため、少しでも低い金利の商品を選んだほうが返済総額を抑えられるからです。

例えば50万円を毎月1万5000円ずつ返済していく場合、金利17.8%と18.0%では利息総額に3,407円の差が出ます。

つまり毎月同じ金額を払っていても、プロミスのほうが無駄な利息を払わずに済むということです。

即日融資にも対応していますので、今すぐお得に借りたい人にも最適です。

少しでも利息を抑えたい人は、プロミスに申し込みましょう。

来店不要で借り入れできるSMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結サービスを利用すれば、来店不要で借り入れできます

WEB完結なら電話連絡やローンカードの発行をなくしてもらえるため、周囲の人に借り入れがバレたくないという人にうってつけです。

ただしWEB完結のカードローンには誰でも申し込めるわけではなく、以下の条件を両方満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っている

このように条件が厳しい印象がありますので、即日融資以外にこだわりがなければ別の消費者金融を利用することをおすすめします。

注釈

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコムなら3秒診断で借り入れできるかすぐにわかる

アコムには3秒診断というサービスが展開されており、次の3項目を入力するだけで自分が借り入れできるかをすぐに診断してもらえます。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借り入れの金額リスト

3秒診断の後にWebから申し込めば最短20分で審査結果の通知を受けられるので、急いでいる人にもおすすめです。*1

実際に管理人も診断を受けてみましたが、本当に3秒で診断結果がわかりました。

借り入れできるか心配な人は、まずアコムの3秒診断で判定してみましょう。

注釈

※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

知っておいて損はない!カードローンの申し込みから借り入れまでの流れを徹底解説

即日融資を受けるためには、申し込みから借り入れまでの流れを知っておく必要があります

申し込みの過程でひとつでもミスをすると訂正する時間がかかってしまい、その日のうちに借りられない場合があるからです。

即日融資を受ける際の申し込みから借り入れまでの流れは、以下のとおりです。

STEP
申し込み

Webの申し込みフォームから申し込みをしましょう。

重要なポイントは必要事項を正確に記入することです。

特に年収と他社借り入れの金額は、記入ミスが起こりやすい部分ですので注意してください。

事実と異なる内容で申し込みすると、虚偽の申告とみなされて審査に落ちてしまいます

STEP
在籍確認

審査担当者から申込者の勤務先へ、電話による在籍確認がおこなわれます。

実際にその会社で働いているかを確認する目的があります。

審査担当者の個人名でおこなわれ、申込者以外に借り入れの内容について話すことはありません。

STEP
審査結果の通知

審査結果は電話もしくはメールで届きます。

大手消費者金融であれば、最短30分で審査結果が通知されます。

STEP
必要書類の提出

審査に通過すると、必要書類の提出を求められます。

基本は顔写真付きの本人確認書類のみですが、50万円以上の借り入れをする場合は収入証明書が必要になります。

借り入れ先によっては申し込みと同時に必要書類を提出しなければならないケースもありますので、申し込み前に事前に準備しておきましょう。

STEP
借り入れ

必要書類の提出を終え、問題なく受理されると借り入れできます。

提携ATMを利用するか、銀行口座への振り込み融資を受けましょう。

即日融資を受けるために重要なポイントのひとつは、必要書類を準備しておくことです。

必要書類がすぐに提出できないとその日のうちに借り入れできなくなってしまいますので、あらかじめ用意しておきましょう。

他にも、即日融資を希望している人はカードレスや自宅への郵送物なしで借り入れできるカードローンを選択することも重要になります。

カードレスなら、ローンカードが自宅に郵送されるまでの待ち時間が発生せず、審査を通過すればスマホで借り入れを始められます。

必要書類に関しては詳しく解説していきますので、参考にしてください。

必要書類は2種類|50万円以下なら収入証明書類なしで借りられる

即日融資を受ける際に用意しておきたい必要書類は、以下の2種類です。

スクロールできます
本人確認書類運転免許証、パスポート、個人番号カード、保険証、住民票など
収入証明書類源泉徴収票、給与明細(2ヶ月分)、確定申告書、所得証明書など

顔写真のない本人確認書類を利用する場合は、2種類以上の提出が必要になりますので注意してください。

借り入れに必要なのは基本的に本人確認書類のみですが、以下のケースに該当する場合は収入証明書類の提出を求められます。

  • 1社から50万円以上を借り入れする場合
  • 他社の借り入れと合計して100万円以上借りる場合

ただしどちらのパターンにあてはまらなかった場合でも、提出してほしいと求められるケースがありますので注意してください。

アイフルのホームページには、収入確認書類の提出が必要なケースを以下のように記載しています。

①アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
②アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
③就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合

引用元: アイフル公式

つまり審査の状況によっては必要になることがあるため、用意しておいたほうが安心だということです。

スムーズに借り入れするためにも、必要書類の準備は万全にしておきましょう。

本人確認書類は現住所と同じか確認する

運転免許証などの本人確認書類の住所は、現在の居住地と同じであることが重要です。

申し込んだ際の住所と本人証明書類の内容が異なると、本人確認がとれないという理由で審査に落ちてしまう可能性があります。

引っ越したばかりで書類の住所変更をしていない場合は、現在の住所がわかる以下のような書類も合わせて提出しましょう。

  • 公共料金の領収書
  • 住民票
  • 印鑑証明など

提出の際に本人確認書類と現住所が異なる理由を自主的にオペレーターに説明しておくと、トラブルが起こらずにスムーズに審査が進みます。

結婚して本人証明書類が旧姓のままだという場合も、同じように対応してください。

収入確認書類は最新のものを用意する

源泉徴収票などの収入証明書類は、最新のものを用意しておきましょう。

最新の収入証明書は、現在の返済能力の裏付けになるからです。

毎月の給与額がはっきりしていれば、本人の返済能力に見合った金額を借り入れできます。

収入証明書類を提出する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 収入証明書のタイトルがわかるか
  • 社名が印字されているか
  • 本人の名前(フルネーム)が印字されているか
  • 年収が明記されているか
  • 証明年(月)がわかるか

いずれかの要素が欠けていると収入証明書として認めてもらえず、融資までに時間がかかってしまうケースがありますので気をつけてください。

在籍確認は必須!勤務先への電話連絡なしで対応してくれるところを選ぼう

即日融資を受ける過程で在籍確認は必須ですが、中には勤務先への電話連絡なしで対応してもらえるケースがありますので覚えておきましょう。

勤務先への電話連絡をなしにしてもらうには、以下の書類を提出する必要があります。

  • 社名の入った健康保険証
  • 社員証
  • 社名と自分の名前が入った最新の給与明細

電話連絡による在籍確認なしでキャッシングすれば、勤務先に借り入れがバレてしまうリスクを減らせますし、審査もスピーディーに進みます。

Webから申し込み後に、オペレーターに電話連絡なしで対応してほしい旨を伝えれば対応してもらえます。

ただし職場に借り入れがバレたくないという理由では書類での在籍確認を受け付けてもらえないケースがあるため、そのような場合は以下のように回答しましょう。

  • 社内規則で、就業中に個人宛ての電話を取り次ぐことが禁止されている
  • 個人情報保護の観点から、社員が在籍しているか外部の人には教えてもらえない
  • 工場勤務などで人数が多く、電話の交換手が社員の名前を全員把握していない
  • 勤務先が休日であり、電話で確認が取れない

審査担当者に納得してもらえる理由を話せば、滞りなく在籍確認を終えられます。

とはいえ、どのカードローンでも在籍確認の電話連絡をなしにしてもらえるわけではありませんので注意が必要です。

口座があればいつでも振り込みキャッシングが受けられる

カードローンごとの指定口座を持っていれば、いつでも振り込みキャッシングを受けられます

大手消費者金融のカードローンごとの指定口座は、以下のとおりです。

スクロールできます
指定口座
アコム楽天銀行
プロミス三井住友銀行、ジャパンネット銀行など全国約200の金融機関
SMBCモビット三井住友銀行、三菱UFJ銀行
アイフル(指定なし)
レイク(指定なし)

中でもプロミスは瞬フリというサービスをおこなっており、振り込み依頼をすると原則24時間いつでも最短10秒で自分の指定口座にお金が振り込まれるため非常に便利です。

振り込みキャッシングはネット上で依頼をかけるだけで簡単に借り入れでき、わざわざ外出する手間が省けます。

便利な振り込みキャッシングを利用したい場合は申し込み前にカードローンの指定口座を確認して、自分が持っている口座への振込に対応しているかチェックしておきましょう。

提携ATMを利用すれば24時間365日借り入れできる

提携ATMを利用すれば、原則24時間365日いつでも借り入れ可能です。

大手消費者金融ならコンビニのATMを利用してスマホひとつで借り入れできるため、店頭窓口に出向く必要がありません。

ただしローンカードを利用する場合は、受け取り可能な時間が22時までとなっているため注意が必要です。

今すぐお金を借りたい人は、スマホひとつで借り入れできる商品に申し込むことをおすすめします。

アイフルならカードレスでお金を借りられる

アイフルなら専用のアプリを使ってカードレスで借り入れできます

Web契約時にカード受け取り方法をカードレスにするだけで、特別な手続きは必要ありません。

スマホさえあればセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMから簡単に借り入れできるため、すぐに借りたい人にはぴったりです。

アプリのアイコンは目立たないデザインなので、パッと見られて友人や家族に借り入れがバレる心配もありません。

手間なく借り入れをしたいなら、アイフルのカードレスを利用しましょう。

審査受付時間の2時間前までに申し込めば今日中にお金を借りられる

今日中にお金を借りたい場合は、審査受付時間の2時間前には申し込むようにしてください。

借り入れするには、営業時間内にすべての手続きを完了しなければならないからです。

大手消費者金融は最短25分で融資を受けられますが、申し込みに不備があった際にはさらに時間がかかってしまう可能性があります。

大手消費者金融の審査受付時間と申し込みのタイムリミットを表にまとめましたので、参考にしてください。

大手消費者金融の審査受付時間とタイムリミット

スクロールできます
営業時間審査受付時間申し込みのリミット
アイフル8:00〜22:009:00〜21:0019:00
プロミス9:00〜22:009:00〜21:0019:00
レイク9:00〜22:009:00〜21:00(平日、土)
9:00〜19:00(日)
19:00(平日、土)
17:00(日)
J.Score9:00〜18:009:00〜18:0016:00
アコム9:00〜21:009:00〜21:0019:00
SMBCモビット8:00〜21:009:00〜21:0019:00

アイフルやプロミスは平日の21時まで審査を受け付けていますので、仕事終わりに申し込んでも十分間に合います。

レイクは日曜日の審査受付時間が短縮されていますので、日曜に申し込む際は注意が必要です。

Web申し込みであれば24時間申し込めますが、対応してもらえるのは審査受付時間までとなっていますのでなるべく早い時間に申し込みましょう。

本当に25分で借りられる?実際に借り入れまでにかかった時間を計測してみた

公式ホームページにはWeb申し込みで最短25分融資も可能と表示されていますが、本当に25分で借りられるのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。

借り入れまでにかかる時間を調査するため、タイムリミットである19時に各消費者金融で申し込んでみました

借り入れまでにかかった時間を調査した結果は、以下のとおりです。

スクロールできます
審査時間(所要時間)借り入れが完了した時間合計時間
レイク19:28 (28分)20:0025分
アイフル19:36(36分)20:0565分
プロミス19:42(42分)20:1373分
J.Score翌日9:05(14時間5分)翌日9:2014時間25分
アコム19:56(56分)20:48108分
SMBCモビット20:03(63分)21:07127分

審査スピードが早い大手消費者金融の中でもレイクは最も早い25分で借り入れでき、公式ホームページどおりだということがわかりました。

レイクは審査に通過した後の書類の提出がスマホで簡単にできましたので、すぐに借り入れできたという印象が強いです。

初めての申し込みでどこに申し込むか悩んだ際は、レイクに申し込みましょう。

振り込みキャッシングを希望するなら平日の13時までに申し込もう

振り込みキャッシングを希望する場合は、平日の13時までに申し込むことをおすすめします。

銀行振り込みの締め切りが、14時から15時の間に設定されているケースが多いからです。

ただし消費者金融によっては夜間でも振り込みが受けられるケースがあります。

例えばアコムの場合は24時間いつでも振り込みキャッシングが受けられ、土日の即日振込にも対応しています。

振込先の金融機関や申し込みの時間帯によっては利用できない場合がありますが、原則24時間365日振り込みが可能です。

振り込みキャッシングはATMに行く時間がない人でも借り入れできますし、通常110〜220円かかってしまう手数料も無料になりますのでお得に借りられます。

振り込みキャッシングを希望する場合は、自分の持っている銀行口座が利用できる商品かどうかを確認してから申し込むと良いでしょう。

ただしタイムリミットまでに申し込んでも、必要書類が揃っていない場合は審査に影響が出ますので注意が必要です。

申し込み内容は正確に記入しないと審査に悪影響が出る

カードローンに申し込む際の内容は、正確に記入するように心がけてください。

間違った内容で申し込むと、虚偽の申告だと判断されて審査に落とされてしまうリスクがあるからです。

最も多い間違いは、他社借り入れの金額を誤って記入してしまうことです。

他社借り入れとして申告する必要があるのはカードローンまたはクレジットカードのキャッシングのみで、住宅ローンや自動車ローンなどは対象外となります。

他社借り入れの金額以外にも、申し込みで申請した内容は審査で以下のように細かくチェックされます。

審査時にチェックされるポイントは多岐に渡る

審査の際にチェックされるポイントは多岐に渡っており、総合的に判断されて審査結果が決まります。

申し込み内容ごとの審査の際にチェックされるポイントは、以下のとおりです。

スクロールできます
項目チェックポイント
年収借り入れ希望額の3倍はあるのが望ましい
勤務先事業規模が大きくなるほど評価が高くなる
勤続年数収入の安定性の目安となり、長いほど評価は高い
雇用形態正社員>契約社員、派遣社員>アルバイト、パート>自営業者という順で評価される
住居区分賃貸よりも持ち家のほうが信用されやすい
居住年数3年以上居住していると評価が高い
連絡先固定電話があると審査担当者の印象が良くなる

特に、消費者金融で即日融資を受けたい場合は年収が重要なポイントになります。

消費者金融は、総量規制によって貸付金額を年収の3分の1までに制限されているからです。

総量規制とは?

貸付金額を年収の3分の1までに制限する貸金業法上のルールのこと。
全ての消費者金融は貸金業法を遵守して運営しているため、年収の3分の1以上の借り入れはできない。

例えば年収300万円の人は100万円までが借り入れの上限額となり、それ以上の金額は借りられません。

そのため消費者金融で即日融資を受けたい人は、総量規制を超えない希望金額で申し込むようにしましょう。

2社以上の同時申し込みをしないことが本日中に借りるためのコツ

どうしても今日中にお金を借りたい場合は、2社以上の同時申し込みは避けましょう

同時に複数の申し込みをするということは、お金に余裕がなく切羽詰まっているという印象を持たれてしまうからです。

申し込みの履歴は6ヶ月間信用情報に残っていますので、審査の際に全てわかってしまいます。

信用情報とは?

ローンやクレジットなどの申し込みや借り入れ額、返済状況などが全て記録されている個人情報のこと。
金融機関はローンの審査の際に信用情報を照会し、現在の借り入れ状況を確認して審査の判断材料にする。

全ての金融機関は以下のいずれかの指定信用情報機関に登録しており、相互的に情報共有をおこなっています。

短期間に複数の申し込みがある人は金融業界で申し込みブラックと呼ばれ、他に何の問題がなくても審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

そのため今日中に借り入れしたいと思っても、必ず1社ずつの審査結果が出てから申し込むようにしてください。

借り入れ希望額を少額にして申し込めば通りやすくなる

借り入れ希望額を少額にして申し込むと審査に通りやすくなりますので、必要最低限の金額で申し込むようにしましょう

なぜなら初回契約で高額の借り入れを希望すると、お金に困っているという悪い印象を与えてしまうからです。

例えば生活費が少し足りずどうしても5万円が必要だという場合は、最も5万円に近い金額で申し込むと借り入れしやすいです。

100万円単位の高額融資は貸し倒れのリスクが高く審査に時間がかかり、今日中に借りられない可能性があります。

しかし10〜30万円以内の金額であれば、比較的スムーズに審査してもらえるため、初めての借り入れで不安を抱えている人にもおすすめです。

後から限度額を増やしたくなった場合は利用実績を積むことで増額申請ができますので、初めての申し込みは必要最低限だけ申し込むようにしましょう。

安定した収入があればアルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる

安定した収入があれば、アルバイトやパートの人でもカードローンで借り入れできます

安定した収入とは?

毎月1回以上の給料を得ている状態のこと。
金額は数万円でも構わない。

給与所得者は返済に回すお金を毎月得ていると判断され、収入に見合った金額のお金を借りられます。

一方で収入がない人は返済能力がないと判断されるため、カードローンで借り入れできません。

とはいえ、病気や高齢で働けないという人もいますよね。

どうしてもお金に困った際は、国からお金を借りるという方法があります。

収入のない専業主婦は即日融資を受けられない

収入のない専業主婦も、残念ながら即日融資を受けることができません。

即日融資に対応している大手消費者金融は、本人に安定した収入がある人を貸付対象としているからです。

その日のうちに借りることはできませんが、銀行カードローンを利用すれば在職していない主婦でも最短翌日に融資を受けられます。

とはいえ、どの銀行カードローンでも申し込めるわけではありませんので注意が必要です。

在職していない専業主婦や無職の人でも借りられると誘ってくる金融会社は闇金ですので、注意が必要です。

無職でも借りられるのは闇金なので利用は厳禁

無職でも借りられると宣伝しているのは闇金の可能性が高いため、絶対に利用してはいけません。

闇金とは、異常な高金利で貸し付けや暴力的な取り立てをおこなう違法な貸金業者のことです。

法律を守っている正規の貸金業者は、収入がない無職の人に貸し付けをおこなうことは絶対にありません。

  • 無職でも即日融資できる
  • 審査なしで借りられる
  • 総量規制以上でも借り入れOK

このような甘い言葉に乗せられて一度でも闇金から借りてしまうと、年利300%を超える異常な高金利で半永久的に返済に苦しむことになってしまいます。

どこからも借りられずに困った際は、闇金ではなく国や地方自治体の制度を利用しましょう。

20歳以上が対象年齢だから未成年は借りられない

カードローンは満20歳以上を対象としていますので、未成年は借り入れできません

未成年は単独で契約を締結できないことが、民法第5条1項で以下のように定められているからです。

第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。

引用元: 民法

未成年者の法定代理人は、通常は親権者(両親などの保護者)を指します。

つまり親の許可を得なければ、ローン契約のような法律行為はできないということです

仮に未成年が婚姻している場合であっても、カードローンは年齢による制限を設けているため申し込み出来ません。

しかし大学生であれば、未成年でも学生ローンを利用してお金を借りられる可能性があります。

大学生がお金を借りたいなら学生ローンを使うのも選択肢のひとつ

18歳以上の学生がお金を借りる場合は、学生ローンを使うのもひとつの手段です。

未成年の申し込みは親権者によって無効にできると法律で定められているため、基本的に未成年者への貸し付けはおこなわれていません。

しかし高卒以上の18歳から借りられる学生ローンを利用すれば、未成年でもお金を借りられます

18歳以上を対象とした学生ローンは以下の3つです。

アルバイトをして収入を得ている学生であれば、誰でも申し込めます。

ただし場合によっては親権者に保証人になってもらわなければいけないため、申し込み時に担当者に確認しましょう。

総量規制に達していると新規契約はできない

現在の借り入れの総額が総量規制に達している場合はそれ以上借りられないため、即日融資は受けられません

総量規制とは、借り入れの総額を年収の3分の1までと定めた貸金業法上のルールのことです。

貸金業者である消費者金融は総量規制に違反すると国から営業停止処分を受けることから、現在の借り入れ額の確認に関しては厳格に行われています。

仮に借り入れ額を少なく申告したとしても審査の際には必ず信用情報を照会されるため、現在の借り入れの状況はすべてわかってしまいます

信用情報とは

現在の借り入れの返済状況や借り入れ残高などが記載されている個人情報のこと。
貸金業者は審査の際に必ずJICC(日本信用情報機構)CIC(シー・アイ・シー) などの指定信用情報機関に照会する。

少なく申告したことが判明すると、借り入れを隠そうとして嘘をついたと見なされて審査に悪影響が出る場合があります。

即日融資を受けたい場合は、少しでも現在の借り入れを減らすようにしましょう。

貸付条件

レイクの貸付条件

スクロールできます
融資限度額1万円~500万円
貸付利率4.5%~18.0%
利用対象年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、メールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率)20.0%
返済方式残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
返済期間、回数最長5年、最大60回
必要書類運転免許証、収入証明*
担保・保証人不要
商号新生フィナンシャル株式会社
貸金業登録番号関東財務局長(10) 第01024号

※契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合

アイフルの貸付条件

商号:アイフル株式会社
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金:20.0%(実質年率)
契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
担保・連帯保証人:不要