CUSTOMER POLICY
お客さま本位の業務運営方針

HOME > お客さま本位の業務運営方針

「お客さま本位の業務運営方針」の公表について

お客さま本位の業務運営

当社は、企業理念として「お客さまの幸せな人生の実現に寄り添うパートナーとして、お客さまへ長期的な安心をお届けする存在になること」を掲げております。
当社は、常にお客さまの最善の利益を追求する立場に立って、「FP×IT」(国家資格を有したファイナンシャルプランナーとITの融合)で基本的なFP業務であるライフプラン作成から始まり、各種ライフイベントまで、幅広くアドバイスを行っており、保険や資産運用、不動産の相談や税制の相談など、お客さまに寄り添った問題解決を提案します。
時代とともに変化するお客さまニーズに「FP×IT」でお応えする企業であり続けるため、お客さま本位の業務運営の推進に日々努めており、より良い業務運営の実現に向け、「お客さま本位の業務運営方針」は、定期的に見直しを行います。

企業理念の浸透
社内イントラ等に企業理念を掲載することをはじめ、全役職員が理念に沿った行動がとれているか、毎週開催している定例会議等の場で意識教育を実施し、浸透を図ります。
お客さまの最善の利益の創出
お客さまとファイナンシャルプランナーをIT(情報発信や双方向対話が可能なアプリケーション、お客さまの契約状況等を適宜把握するための顧客情報管理システム)でつなげることを目指し、お一人お一人のお客さまとのタイムリーかつ円滑なコミュニケーションがとれるようシステムインフラの整備を進めます。お客さまの生活環境に変化が生じた場合に加えて、きめ細かな総合的なアドバイスを提供することにより、お客さまにとって最善の利益を創出します。

お客さまに合った最適なプラン(商品・サービス)の提案

当社は、法令等を遵守し、お客さまのご意向の把握、商品内容等の十分な情報提供により、お客さま本位の良質なサービスを提供します。

商品内容の分かりやすい説明
当社は、保険契約の契約条項のうち、お客さまの判断に影響を及ぼすような重要事項を適正に説明すると共に、お客さまが当該事項を正しく認識され、理解されたことを十分に確認します。特に商品のしくみが複雑、またはリスクの高い商品の販売・推奨を行う場合には、商品およびサービスの基本的な利益と共に、お客さまの損失その他のリスクについて、分かりやすく丁寧な情報提供に努めます。
お客さまにふさわしいサービスの提供
当社は、複数ある保険会社の商品の中からお客さまのご意向に沿った最適なプランをご提案します。取扱商品の中から特定の保険会社の商品を選別・推奨しますが、推奨した商品の選別理由を偏りなく、分かりやすく説明します。また、お客さまが指定された保険会社の商品概要をパンフレットや設計書等を用いて詳しく説明し、そのプランがお客さまのご意向に沿う商品であるかを分かりやすく丁寧に説明します。

利益相反の適切な管理

当社は、保険会社から受け取る代理店手数料が高い等によってプランや商品提案するようなことは行わず、お客さまのご要望やご意向に沿った商品およびサービスを提供します。商品が複雑またはリスクの高いものの場合、利益相反と誤解されることがないよう、より丁寧な情報提供を行います。
当社では、定期的に社内点検を実施し、お申込から短期間で消滅してしまった契約等、提案の健全性に懸念等が想定される場合は、適正な募集が行われていたかの確認を実施します。

お客さまの声の改善サイクルの構築

当社は、お客さまから信頼いただくことをあらゆる業務の原点におき、お客さまからいただく様々な声を、大切な「贈り物」として真摯に受けとめ、積極的に企業活動に活かし、品質の向上に努めます。

改善サイクルの構築
当社は、お客さまとの対話の中からいただいた「お客さまの声(特に不満足や不快、不信等の意思表明)」は、頂戴した後、速やかに事実関係を記録し、社内へ事例共有します。お客さまの声を起点として、お客さまの声の真因は何か、不満足や不快、不信等の声を解決するにはどうすべきか分析し、改善方法等を検討のうえ、同様な声をいただかないよう対応方法、改善策を検討・企画・実行し、お客さまとの揺るぎない固い信頼関係を築くように努めます。

社内教育による業務運営方針の浸透

当社は、従業員に対して適切な動機付けとなる定期的な研修を実施・運営します。

教育制度
当社は、専門的な知識や技術の習得に向けファイナンシャルプランナーのFP業務関連資格の取得をはじめ、コミュニケーション能力の向上、お客さまへ総合的なアドバイザーとして責任感の醸成を図り、志の高い従業員の育成に向けた教育を行います。
また、積極的にナレッジマネジメントの手法を取り入れ、「多様性を重んじ、TEAMで事を成す」の当社理念に沿って、従業員の持つ知識やスキル、情報を組織全体で共有し、有効に活用すると共に、個人の多様性、自主性を重んじ、業務運営方針の周知徹底、定着化を図ります。

「お客さま本位の業務運営方針」に係る成果指標(KPI)

当社は上記「お客さま本位の業務運営方針」の定着、浸透度合いを客観的に評価できるようにするための成果指標(KPI)として、「取扱保険会社数(生保・損保)」、「保有契約年換算保険料(生保・損保)」、「保険契約継続率(生保・損保)」、「FP業務関連資格保有率」を設定しております。

※上記の成果指標(KPI)については定期的に進捗状況を確認いたします。
また、「お客さま本位の業務運営方針」に 則り、より良い業務運営の実現に向けて、指標の追加・見直しを定期的に行ってまいります。

「お客さま本位の業務運営方針」に係る成果指標(KPI)の策定について

株式会社フィンテックは(以下、「当社」と表記)は、企業理念として「お客さまの幸せな人生の実現に寄り添うパートナーとして、お客さまへ長期的な安心をお届けする存在になること」を掲げております。この理念のもと、「お客さま本位の業務運営方針」の定着、浸透度を図るための評価指標を策定しましたので公表いたします。
当社は「お客さま本位の業務運営方針」の定着度合いを客観的に評価できるようにするための成果指標(KPI)として、「取扱保険会社数(生保・損保)」、「保有契約年換算保険料(生保・損保)」、「保険契約継続率(生保・損保)」、「FP業務関連資格保有率」を設定いたします。

取扱保険会社数(生保・損保)
複数ある保険会社の商品の中からお客さまのご意向に沿った最適なプランをご提案するうえで大切な指標と位置づけます。保険会社各社から提供される充実した商品ラインナップを活用して、幅広くアドバイスを行い、お客さまのライフプランの実現を図ります。
保有契約年換算保険料(生保・損保)
当社がお客さまから信頼され選ばれることによって、ご契約とともにお支払いいただく保険料が増えていくことから、お客さまの評価を表す重要な指標と位置づけます。お客さまとの密接なコミュニケーションを重ねることにより、お客さまが描くライフプランを正確に把握することで、適切なタイミングに適切なアドバイスを行い、ご意向に沿った商品を分かりやすく丁寧に説明します。
保険契約継続率(生保・損保)
お預かりした生命保険契約を長く継続頂くことは、ご意向をふまえた提案・分かりやすい情報提供により、お客さまに満足頂いた結果と考えます。継続率の基準は、各社で定めるところによります。 また、満期到来した損害保険を再び当社を通じて更改(あるいは一定の理由により保険会社を変更し、引き続き当社扱でご契約を更新したものも含みます)手続きいただくことは、丁寧なアフターフォロー等により、お客さまにご満足いただいた結果と考えます。
FP業務関連資格保有率
お客さまからご信頼いただき、専門的かつ総合的なアドバイザーとしてお客さまをサポートし続けるために重要な指標と考えます。

制定日 令和 1年 6月26日

株式会社フィンテック 従業員一同
代表取締役社長 園田 一徳